トップページ > 結婚準備:ウエディングの基礎知識 > パーティのプログラムを考えよう

結婚準備:ウエディングの基礎知識

段取りから費用、手続きに至るまで、ウエディングに必要な基礎知識をスマートに身につけて、貴方らしい素敵なウエディングを叶えよう♪

8:パーティのプログラムを考えよう

どういう結婚式にしたいかを考慮して会場スタッフと相談しながらパーティプログラムを作ろう。メリハリのある進行が成功の鍵。

基本的なプログラム表
招待客の入場 Point1
主賓の挨拶は形式ばっていて退屈だというカップルもいるが、あとのプログラムでバランスをとるなどして主賓の挨拶をパーティ開始の合図、パーティを引き締めるポイントとして考えよう。しかしあまり長いと間延びするので、スピーチの時間については事前に主賓の方にお願いしておこう。
新郎新婦の入場
開宴の挨拶
ウエルカムスピーチ
(新郎の挨拶)
Point2
新郎新婦が夫婦の契りを交わして初めて行う共同作業であるウエディングケーキ入刀。会食前後に行われることが多いので、ゲスト全員が注目する演出であるうえ、ケーキ入刀は大切な写真撮影ポイント。ゲストも席を立って写真を撮ろうとするので、新郎新婦はみんなのリクエストに応えつつ、笑顔が絶えないように心がけよう。
主賓の祝辞 Point1
乾杯
会食スタート Point2 Point3
通常は衣裳チェンジに時間がかかるため新婦が最初に退場し、時間差で新郎が退場する。お色直しの時間はゲストを飽きさせないためにふたりの出会いをモチーフにしたスライドの演出やビデオ上映をするなど工夫を凝らそう。逆に、ゆったりと食事を楽しむ時間として考えてもいいかも。
ウエディングケーキ入刀
お色直し
新郎新婦退場 Point3
新郎新婦再入場 Point4 Point4
今までお世話になった会社の人や友人によるスピーチと余興は、パーティを盛り上げるポイントとして考えて。友人にはあまり堅苦しくないスピーチをお願いしておこう。余興は新郎新婦やゲストを楽しませるためにおもしろくするのはいいが、飲み会のように羽目をはずすということは避けよう。
スピーチ・余興
祝電披露
両親への記念品贈呈 Point5
新郎の父親が述べるのが一般的だが、最近では新郎新婦自身がお礼を言うことも多い。お礼の挨拶はパーティの締めくくりとして重要なところなので、挨拶内容をしっかり考えてゲスト全員を感動させるぐらいの意気込みで臨もう。新郎がスピーチする場合、お礼と一緒に新婦へ向けた「幸せにします」宣言をすることも。
お礼の挨拶 Point5
閉宴の言葉
招待客の退場・お見送り
PAGE TOP