トップページ > 結婚準備:ウエディングの基礎知識 > 婚礼料理/ウエディングケーキを決めよう

結婚準備:ウエディングの基礎知識

段取りから費用、手続きに至るまで、ウエディングに必要な基礎知識をスマートに身につけて、貴方らしい素敵なウエディングを叶えよう♪

7:婚礼料理/ウエディングケーキを決めよう

婚礼料理を決めよう

結婚式の要となる婚礼料理。ゲストを舌で満足させれば、結婚式はほぼ成功したも同然。ゲストの立場に立ってじっくり検討しよう。

フランス料理 婚礼料理として定番のフランス料理。見た目も鮮やかで五感で料理を楽しめる。普段口にすることが少ないので上質なおもてなしができる。
イタリア料理 肩肘張ることなくカジュアルな雰囲気で堪能できるイタリア料理。イタリア料理をコースで食べるという贅沢も味わえて一石二鳥。
日本料理 年配のゲストが多い披露宴にぜひ選びたいのが日本料理。コースでもさらっと食べられる分量が魅力的。季節感を出すには最適。
中華料理 大皿の料理を円卓に乗せ、みなで取り分けて食べるというイメージがあるが、婚礼では華やかなフルコースでのおもてなしができる会場も。
和洋折衷 和食と洋食がミックスされた料理。最近ではゲストごとに料理の種類が選べるプリフィクスメニューが人気を集めている。
その他 カリフォルニアキュイジーヌやベトナムフレンチなどオリジナル料理を提供している会場も。その会場でしか食べられないので一見の価値あり。
ウエディングケーキを決めよう

通常メインテーブルの横に置かれ、会場内でも目を引くウエディングケーキ。バリエーション豊かなのでふたりの好みをセレクトしよう。

生ケーキ ふたりの思い出のものやなれそめをモチーフに自由に作ることができる生ケーキ。旬のフルーツや材料を使って会場内を甘い香りで充満させよう。
シュガーケーキ イギリスの伝統的なウエディングケーキ。ブランデーに漬けたフルーツケーキを砂糖でコーティングしたもので三段重ねになっているのが特徴。
クロカンブッシュ フランスの伝統的なウエディングケーキ。飴でコーティングしたプチシュークリームを三角形に高く積み上げたもの。子宝の象徴とされている。
PAGE TOP